遠藤ミチロウ音楽葬はいつどこで行われる?すい臓がんはいつから?

5月1日令和になった日に突然の訃報が入りました。

ザ・スターリンの中心メンバーとして活動していた遠藤ミチロウさん

4月25日に膵臓がんで亡くなられたことがあきらかになりました。

遠藤ミチロウさんの葬儀は近親者のみで行われ、後日音楽葬が行われるとのことですが、

その遠藤ミチロウさんの音楽葬はいつ・どこでおこなわれるのか?

そしてなくなる原因となったすい臓がんはいつから患っていたのか?

など解説していきます。

遠藤ミチロウのプロフィール

遠藤ミチロウ

本名:遠藤道郎

生年月日:1950年11月15日

出身地:福島県二本松市

学歴:山形大学

活動開始年:1972年~

1980年より、「ザ・スターリン」を結成。

1982年にシングル「ロマンチスト」、アルバム「STOP JAP」でメジャーデビュー。

メジャーデビュー早々にオリコン50位以内に入るという快挙を成し遂げ、注目を集めました。

その後1983年の後楽園ホールでのライブでは超満員で成功させています。

多くのファンに指示されてきたザ・スターリンですが、

1985年の2月に解散。

その後遠藤ミチロウさんはソロとして活動したり、新生スターリンを結成したり、

様々な方とユニットやバンドを結成するなどして精力的に活動されていました。

とくに2011年には、「プロジェクトFUKUSHIMA!」の発足を行い、

慈善活動もやられていました。

ザ・スターリンの中心メンバーだった遠藤ミチロウさんは、

ライブなどでは、過激なパフォーマンスを繰り広げているものの、

インタビューなどでは落ち着いて冷静に周りを見ているという知的さもあります。

またそんなザ・スターリンに影響を受けてきたファンも多くいたことから、

さすがに今回の遠藤ミチロウさんの訃報にはファンの方もショックを隠し切れないコメントで溢れています。

遠藤ミチロウすい臓がんはいつから患っていた?

今回亡くなる原因となったすい臓がんはいつから患っていたのかといいますと、

まずこのすい臓がんであることを発表したのが、2018年の11月15日です。

当時の報道では、2018年の8月に中旬から体調不良を訴えており、

病院で診察してもらったところ、すい臓がんということが明らかになりました。

そこから入院をして2018年の10月22日には手術が終わっており自宅療養中でした。

手術が終わったのにも関わらず今回のようなことになってしまったということは、

また再発してしまったんですかね。

いずれにしても残念です。

遠藤ミチロウ音楽葬はいつ?どこで?

遠藤ミチロウさんが4月25日に亡くなってから

葬儀は近親者のみで行われたこともわかっています。

これは遠藤ミチロウさん本人の意向だとのことです。

そして後日、音楽葬を行う予定を発表していますが、

この音楽葬はいつ行われる予定なんでしょうか?

ここで一つ音楽葬の例を見てみましょう。

今年の3月17日に亡くなられた内田裕也さん。

内田裕也さんの音楽葬も「Rock’n Roll葬」という名前で行われました。

開かれた日時は4月3日。

そして場所は東京都内の青山葬儀所です。

遠藤ミチロウさんの音楽葬の詳細は公式からは、

まだ詳細が発表されていませんが、

おそらく過去の例を見ても

早くて1か月以内長くて3か月以内といったところでしょうか。

行なわれる場所に関しては、

東京都内ではないかと思われます。

ただ、もしかしたら出身地である福島県で行われる可能性もあり得ます

音楽葬は一般のファンも参加できるの?

音楽葬となると、

一般のファンの方々は参加することができるのかどうか?ですが、

こちらもまだ明確にはなっておりません。

ただやっぱりザ・スターリンファンや遠藤ミチロウさんのファンにとっては、

参加したい気持ちも強いと思います。

その辺も考慮して一般の方も参加できるような体制を整えるとは思いますが、

いまのところ、絶対に一般の方も参加できるというのはまだ明らかになっていません。

公式の新しい情報を待ちたいと思います。

 

ザ・スターリンでの活動やソロとしての活動で多くの方に影響を与えてきた遠藤ミチロウさん。

令和になって「新しい時代を迎えた」と思ったら突然の訃報に

僕としても残念な気持ちでしかないです。

今回は、そんな遠藤ミチロウさんの音楽葬の詳細内容などについて

解説させていただきました。

それでは、最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です