岩崎隆一生い立ちや性格は?同級生の証言がヤバイ…!

5月28日に起きた川崎通り魔事件。

その事件の犯人である岩崎隆一の生い立ちや性格が徐々に明らかになってきました。

同級生の証言もでてきているので、

今回は岩崎隆一はどんな性格でどんな生い立ちなのか?

調べて分かったことを解説していきます。

川崎通り魔事件の経緯をおさらい

ずさんな事件が起きたのは5月28日午前7時45分ごろでした。

場所は川崎市多摩区登戸新町の路上で私立カリタス小学校に通う生徒17人と大人の男女2人が次々に刺され2人が死傷。

ほか17人も重軽傷を負うこととなりました。

犯人の名前は岩崎隆一氏

事件当時、岩崎隆一氏は両手に刃渡り30センチはある包丁を持ち、

現場近くにあった岩崎隆一氏のリュックサックには犯行に使われた包丁とは別で2本の包丁があったとのことです。

結果的に岩崎隆一氏は自ら首を刺して自殺。

ずさん極まりない事件となりました。

被害を受けた小学校の生徒がスクールバスを待っている最中だったことから、

あえてこの朝早い時間を狙ったものだと考えられています。

犯行現場と岩崎隆一氏の自宅住所も近いことから、

日常的にこの時間帯に小学生たちがスクールバスを待っていることを知っていたはずです。

にしてもなぜこういった通り魔殺人をするのか、

正直理解ができません。

岩崎隆一氏の同級生の証言が出ているので、

そこから岩崎隆一氏の性格と生い立ちを見ていきましょう。

同級生の証言でわかった岩崎隆一の性格と生い立ち

岩崎隆一氏と小学校中学校と同級生だった男性の証言によると、

一見おとなしそうに見えるも、何か気に入らないことがあると、

椅子などを蹴るなどして暴れていたとのことです。

もっとひどいのは、岩崎隆一氏が友人と喧嘩になった際に、

鉛筆で刺したことがあるという話もあります。

なんかここまで見るだけでも、岩崎隆一氏が怒りやすい性格であるということ、

そして本当に怒ると何をするのかわからなくなる性格であるということが分かります。

そういった性格は中学になってからも消えることなく、

むしろ中学以降はそういったことが増えていったのだと言います。

何かにつけては友人に殴りかかったりしていたそうで、

結局岩崎隆一氏に近づく人はいなくなり、それ以降は一人で行動することが多かったそうです。

そんな異常ともいえるほどの暴力的な性格から、

今回の事件が起きても不思議ではないと発言しています。

それぐらい元々の性格に問題があったということなんでしょうね。

生い立ちは幼少期に両親が離婚

 近所の人によると、岩崎容疑者は同市麻生区の民家で数十年前から伯父夫婦と共に暮らし、定職にも就いていた。近隣では「りゅうちゃん」と呼ばれており、同容疑者を昔から知る住民は「最後に会った時は髪を短くしていた。絶対、容疑者なんですか」と驚いた様子だった。

別の男性住民(55)によると、同容疑者は幼少期に両親が離婚。地元の公立小、中学校を卒業し、伯父夫婦の子どもと暮らしていた時期もあったという。

これらの報道を見ていくと、

幼少期に両親が離婚しているので、

岩崎隆一氏が育てられたのは叔父叔母です。

もしかしたらですがこういった両親でない叔父叔母に育てられた環境から、

岩崎隆一氏の性格が出来上がったのかもしれません。

とはいえ、環境のせいにするのは誰だってできることであって、

大人になって新しいもの新しい人と触れ合っていけば性格というか人間性を変えることは可能です。

事件を起こすまで30年以上ずっと同じ自宅に住んでいたということと、

叔父叔母が病気がちだったということから、

今の自分の状況がこうなっているのは周りの環境のせいだ!

となって今回の犯行に至った可能性も大いにあり得ます。

岩崎隆一の自宅住所も判明

そんな悪質極まりない事件を犯してしまった岩崎隆一氏ですが、

自宅住所も特定されています。

この住所をもとに犯行現場までの距離を見ていくと、およそ5キロです。

なぜそこまでの距離をあえて移動してまで犯行を行なったのかは謎ですが、

もしタクシーや電車などを利用せずに犯行現場まで向かったとすれば、

徒歩移動時間は実に1時間となります。

一部のニュースでは電車で移動した可能性が高いとも報道されています。

さいごに

今回の事件の犯人岩崎隆一氏を調べていくと、

近所ではおとなしい人という印象ですが、

同級生からは事件を犯しても不思議に思わないぐらいの性格だったことが明らかになっています。

事件当日の朝7時ごろも、

近所の人の証言で、駅の方に走りながら「おはようございます!」と挨拶をする姿が目撃されているということから

岩崎隆一氏には、他では見せない二面性があったのかなぁーと思います

いずれにしても事件直後に犯人自身が自殺をしてしまったのは動機が見えなくなってしまうので

今後の警察の情報を待ちたいと思います。

それでは最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です