モンキーパンチ肺炎はいつから?ルパン新作はどうなる?

4月17日悲しいニュースが流れてきました。

なんとルパン三世の生みの親であるモンキーパンチさんが4月11日に肺炎で亡くなったとのことです。

81歳でこの世を去ったモンキーパンチさん。肺炎はいつから患っていたのか?

そして今後のルパン三世の新作はどうなるのか?

今回はそんなモンキーパンチさんについて深く掘り下げて解説していきます。

モンキーパンチのプロフィール

それでは追悼の意味も込めてモンキーパンチさんのプロフィールを書かせていただきます。

本名:加藤一彦(かとうかずひこ)

出身地:北海道厚岸郡浜中町

学歴:北海道霧多布高等学校、東海大学専門学校電気科中退

漫画を描き始めたきっかけは日本を代表する漫画家手塚治虫さんの影響を受けてからだそうです。

高校卒業してからはすぐに上京して、当時は「加東一彦」という名前で活動していました。

現在までのモンキーパンチという名前にしたのは1966年

当時お世話になっていた清水文人編集長から「モンキーパンチ」という改名命令を受けてからです。

当時のモンキーパンチさんとしては、あまり気に入らなかったそうですが、たまたまこの名前で出した作品が1967年に大ヒットしてしまったので、

変えるに変えられなくなってしまい、ずーっとこのモンキーパンチという名前で活動することとなりました。

これには、本人もまさかこの名前でずっと活動するとは思いもしなかったでしょうね。

モンキーパンチさんの代表作「ルパン三世」は、

1967年の8月10日に発売された「漫画アクション創刊号」に連載したのが始まりです。

その後も多くのファンからずっと愛される「ルパン三世」は新作を出すたびに多くの方に見られ、話題を呼びました。

2010年5月からは、東京工科大学メディア学部客員教授に就任

2015年には、東京アニメアワード2015「アニメ功労賞」を受賞

2016年には、北海道新聞文化賞を受賞

2017年には、札幌マンガ・アニメ学院顧問に就任

などなど

数多くの受賞歴や就任歴があります。

そんな多くの功績を残されたモンキーパンチさんですが、

なくなる原因となった肺炎はいつからだったのでしょうか?

モンキーパンチの肺炎はいつから?

モンキーパンチさんの死因は肺炎ということですが、

肺炎は日本人の死因として4番目に多い病気とされています。

また65歳以上の方は特にかかりやすい病気です。

感染の原因としては、高齢になるにつれて免疫力の低下した身体に細菌が入り込み、

肺にまで侵入することから発症します。

主な症状としては、

せき、発熱、胸の痛み、痰、息苦しさが挙げられます。

モンキーパンチさんは喫煙者という情報もあるので、

少なからず吸っていたタバコも今回の肺炎の原因なのかもしれませんね

ちなみにプチ情報ですが、

ルパン三世の峰不二子のキャラクターは、

当時モンキーパンチさんが吸っていたタバコが「峰」という銘柄だったことからつけられたというのもファンの間では有名です。

肺炎は高齢の方の場合ですと、

入院したとしても免疫力などの関係から1~2か月間入院するケースもあります。

また肺炎自体進行スピードが非常に早いというのと、

自覚症状がなかなか見つけにくいということもあって早期発見できずに病院に行くというケースもあるそうです。

確かに肺炎の症状も、せきから始まって発熱とかもでてくるので、

普段何気なく過ごしていたら「あれ、風邪かな?」ぐらいにしか感じないですよね。

もしかしたらモンキーパンチさんも肺炎が見つかるまでに時間がかかってしまったんだと思われます。

アニメ関係者によると、

モンキーパンチさんは2~3年前から体調を崩しがちで、

毎年参加していた北海道浜中町のイベントも欠席が目立つようになったとのことです。

2017年のモンキーパンチさんの作品50周年には車椅子で登場しています。

ご高齢ということもあって全体的に体の免疫力が低下してしまい結果的に肺炎で亡くなってしまったということでしょうかね。

そんな悲しいニュースにルパン三世のファンからも多くのコメントが寄せられています。

ルパン三世ファンの反応・コメントは・・・?

https://twitter.com/tadcomix48/status/1118194876212858880

やはりルパン三世には根強いファンが多くいらっしゃるので、

「あの時サインをいただいたことはずっと忘れません」

などと言ったコメントも多くあり、

モンキーパンチさんのお人柄の良さもうかがえますね。

今後のルパン三世新作はどうなる?

モンキーパンチさんが亡くなったということは、

今後のルパン三世の新作はどうなるんでしょうか?

まず、今年2019年の5月に「LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘」というタイトルの新作映画が公開予定となっております。

こちらに関しては、もう既にアフレコも終わっているのでこちらは確実に公開します。

ただ、もう一つ2019年の冬に新たにルパン三世の新作映画が公開されるという情報も入っています。

こちらに関しては、まだ情報は明らかになっていないので、

はっきりとは言えませんが、新作を公開予定っていうことは枠組みのストーリーなどは決まっていると思うので、

おそらくこちらも公開するんじゃないかなぁーと僕は思ってます。

さいごに

まさかのあともうすぐで新作映画が公開されるっていうタイミングと

81歳という若さでお亡くなりになられたモンキーパンチさん。

これまで残してきたルパン三世を筆頭とした数々の作品はこれからも多くの方に見られるでしょうし、

いつまでも愛され続けられるでしょうね。

僕もテレビや映画でルパン三世を見ていた身としてはこうしてまた偉大な漫画家がこの世を去ってしまうのは悲しいです。

ですが、これも時の流れなのかなぁーとしみじみ思いました。

それでは最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です