新元号令和の文字にアベ(安倍)という文字が隠されている!?

4月1日より発表された新元号令和

この令和に対して新たな情報が入りました。

それがまさかの新年号令和の中に現首相である安倍首相のアベの字が入っているとのことです・・・!

これはちょっと大事件ですね。。。!

予めお伝えしておくと、いかにも4月1日らしい情報ではありますが、

お手柔らかにみていただけると嬉しいです。。。笑

まさかの新元号に安倍首相のアベの字が!?

まずはこちらをご覧ください。


はいこちら、なんというか良く気付いたなぁーと。

僕初めてこれ見たとき、普通に関心しちゃいました。笑

確かにこうやってみると、安倍首相のアベという文字が入っているのがわかります。

これが果たして、本当に予め仕組まれた陰謀なのか・・・?

に関しては、信じるか信じないかはあなた次第といったところでしょうか。

あとちなみに忖度とは何か?と言いますと、

2017年に政界でも流行後となった言葉で、

要は、相手のことを察したり、他人はどう思っているか?などを予測することです。

今日がエイプリルフールというのと相まってなんともユニークな情報を得ることができました。

新元号令和に込められた本当の意味はこれ

ということで、ここからは

新元号令和の記者会見発表で安倍首相が実際に話したことを書いていきます。

平成も31年の時が過ぎて、

どんどん新しい時代に向かうにあたって最もふさわしい意味はなんなのか?

っていうのを深く考えたそうです。

これから生きていく若い世代やこれから令和の時代に生まれてくる人たちは、

令和を中心に生きることになる。

今の若い世代はSNSなどを見事に使いこなすことによって、

新しい文化を築き上げていっている。

若者たちの柔軟さであったりリアルタイムに個人で発信できるといった

若い世代のムーブメントが政治にも反映されてきて新しい風は起こりつつあるとのこと。

日本の未来は明るく、思う存分活躍できる時代であって欲しいという意味が込められています。

実際に今回の新元号令和には、

万葉集からの採用で、「梅の花」がモチーフともなっています。

SMAPの世界に一つだけの花にもあるように、

希望に満ち溢れた日本を国民とともに作り上げていきたいということを安倍首相は話していました。

こういうことを聞くと、

年号一つ、漢字二文字とっても、すごい深い意味が込められているんだなぁーっていうのを感じます。

さいごに

今回は、

新元号「令和」にまさかのアベの字が入っている!

ということと、

令和に込められた安倍首相が語る本当の思い

を解説させていただきました。

なんか今日は新元号の発表だったり、エイプリルフールだったりで色々大忙しですね!笑

でもなんだか、ユニークでSNS等見ていても明るい雰囲気が漂っていて、

見ているこっちも楽しくなってきます。

そんな感じで、最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です