すしざんまいセクハラしたS課長は誰?喜代村塾研修で何があった?

東京都内を中心に展開されているすしざんまい。

そのすしざんまいでは新入社員研修(喜代村塾)があり、

その講師をしていたS課長が悪質なセクハラをしたと話題になっています。

そのすしざんまい喜代村塾で講師をしたS課長とは誰なのか?

そもそも喜代村塾では何があったのか?

その真相を解説していきます。

すしざんまい新入社員研修喜代村塾で何が起きた?

事の始まりは、2018年4月2日

すしざんまいの会社である喜多村に入社した新入社員の女性(仮名:小林加奈さん)が悪質なセクハラ行為を受けました

しかもそのセクハラは研修初日から起きたとのことです。

そもそも喜多村塾って何?

喜多村塾とは、喜多村が運営しているすし職人養成所です。

ここで3か月間の研修を受けたのちに、店舗実践訓練に進んで一般社員として配属されます。

なので基本的にすしざんまいで働くことを考えると、

この喜多村塾に入って3か月間研修を受けることが必須になります。

喜多村塾のセクハラはこのようにして行われた

問題となるのが研修講師のS課長。

被害者女性に対して、肩に手を回したり、抱き寄せたりしてきたといいます。

「やめてください」と言ってもS課長は「喜多村塾はみんな仲良くするものだから」といい、

女性の言い分を全く聞く素振りもなかったんだとか。

明らかなセクハラ行為は、

胸のサイズを聞いたあげく、「触ればサイズがわかる」と言い、

女性の胸を触るとかではなくしっかり掴んでいたというのが衝撃です。

さらには、セクハラ行為はそれだけではなく、

実技演習では、包丁の使い方を教える際に、

後ろから抱きついて女性の体を不必要に触ったり、「デブ」などといった暴言も吐いているといいます。

セクハラをした上にパワハラも組み合わせているとはなかなか卑劣なことしてますね。

入社してすぐの研修初日でこんな屈辱をあじわってしまったらさすがに被害者女性も可哀想すぎます。。。

ちなみにこの情報もとはフライデーなのですが、

正直まだまだ信じがたいことが発言されています。

喜多村塾では、昼食も研修生だけでなく講師も一緒に食べるそうなんですが、

その時にS課長に両手を広げたうえで「こっちにおいで」としつこく言われ、

仕方なくS課長の膝の上に乗ったら抱きしめてきたり、自分の使用したスプーンを女性にも使わせようとしたそうです。

うーん、これはちょっと信じがたいぐらいに度を超えたセクハラですね。

というか、そもそもこの研修って被害者女性の小林加奈(仮名)さん以外にも研修生がいるはずだし、

間違いなくS課長のセクハラ行為は見ているはずなんですけど、止めたりはしなかったんですかね?

セクハラ被害女性のその後・・・

4月2日の研修開始から始まったセクハラ行為。

結局被害者女性は4月6日に塾の事務局に相談したものの、

結局会社側としては謝罪のみでそれからセクハラの根源となるS課長の講師を取り下げるなどと言った対処はされませんでした

結局セクハラ被害を受けた女性は、精神的に参ってしまい、病院からも「適応障害」と診断されたんだとか。

ただすし職人になりたくて入った会社で入社して、

研修初日からセクハラ被害を受けて適応障害になってしまうだなんて想像もしていなかったでしょうね。

セクハラをした喜代村塾講師S課長は誰?

そんな純粋にすし職人になりたくて入社した女性新入社員を精神的に追い詰めたS課長とは誰なのか?

ホームページなど調べてみたところ、

イニシャルがSの方はいましたが、果たしてこのフライデーが報道している課長のイニシャルが本当にSなのか?

っていうこともあるので明確なS課長の詳しい情報は今のところ明確にはなっていないですね。

結局そのセクハラ行為をしたS課長はその後どうなったのか?というと、

現場からは外されて、1割の減給をされたとのことです。

んーそれが本当に会社として正しい対処なのかはなんとも言い難いですが、

少なくても希望をもって入社された女性にたいして、

セクハラや暴言を吐き精神的なダメージを与えたわけであって

ちょっと会社側としても今回の件を軽くとらえてしまっている感じがありますね。

被害者女性は退職…慰謝料はたった50万円!?

ここまで精神的な苦痛を与えられた被害者女性は、

弁護士に相談したうえで喜多村に抗議を申し出ました。

しかし喜多村側からは、定型文的な謝罪の内容と「慰謝料50万円支払う」とのことでした。

んーなんか少ないような気がするのは僕だけでしょうか?

再就職ってそんなにすぐできるものでもないですし、

今回に至っては被害者女性は精神疾患を患ってしまったわけですから、

その分の治療費や治療期間もあります。

それに対して慰謝料50万円は、、、どうなんだろうっていうところはありますね。

そんな2018年の事件が1年経った今明らかになったわけですが、

このことに関してあの有名なすしざんまい社長「木村清」さんはなんといったんでしょうか?

すしざんまい社長はセクハラについてなんといった?

フライデーが社長を突撃インタビューしたところ、

「会社を通して話してくれ」と突き返されたそうで、そこから後日会社からメッセージが届きました。

その内容に

「Sは熱心な指導をしただけのつもりが、結果的に不快な気持ちにさせてしまった」

という文章がありました。

被害者女性が不快な気持ちになるぐらいのセクハラ行為を受けてそれを熱心な指導とは、

よくもそんなうまいように言いくるめたなぁーとちょっと苦笑いです。

なんかすしざんまいって今まで話題になったりしていろんな人が通っているお店っていうイメージしかなかったんですけど、

こういう話を聞くと、ちょっとイメージも下がってしまいますね・・・。

二度とこういうことがないことを願っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です